派遣社員やフリーエンジニアになる方法

SEとしてある程度の経験を積んだ人が転職をして派遣社員になったり、独立してフリーエンジニアになったりするのは難しいことではありません。

勤めていた職場に退職願を出して手続きを行うのが、最初のステップになります。
そして、派遣社員になりたい場合には、エンジニアを専門とする派遣会社を選んで連絡すれば、社員として登録してもらうことができます。
独立することを目指すのなら、個人事業主としてフリーランスをして働くのが通常の方法であり、個人事業主としての届け出をすれば問題ありません。
別のIT企業で働きたいという場合に比べると、どちらを選んだとしても手続きとしては難しいものではないでしょう。
派遣社員になるときには面接が必要になりますが、フリーランスになるならそれすらも必要なくなります。

しかし、問題になるのは、それ以後も継続して仕事を手に入れて働き続けられるかどうかです。
あくまでこれらの手続きは出発点であって、収入が得られるようになったというわけではありません。
派遣先を紹介してもらったり、営業活動を行って仕事を手に入れたりしなければ、収入は得られないでしょう。

派遣社員になると、今までのキャリアとスキルによって評価を受けて、派遣先を紹介してもらえます。
独立した場合にも自分を売りに出したときに評価される部分は自分のキャラクターとキャリアやスキルなので、十分に一人前のSEとして働けるとわかる経歴を手に入れておくことが欠かせません。