女性の働き手が増えつつあるIT業界

SEは大半が男性によって担われているのは現状でも大きな違いはありませんが、徐々に女性の進出が進んできています。
社会的に重要な位置を占めるIT業界の中でも、情報システムを扱うSEの仕事は根幹に関わる部分として魅力に感じる人が増えてきているからでしょう。

最初は常勤でIT企業に就職する女性もいますが、最終的には派遣で働いたり、独立したりする人が増えつつあるのが現状です。
離職を考慮しなければならないのが企業の本音であり、その期間の欠員をどのようにして補いながらプロジェクトを進めるかは頭が痛い点になります。
そのため、これから結婚や出産をする可能性がある女性SEは、サポート的な役割を任せられることが多いのです。

その点では派遣で働いている場合も同じ役割になることが多く、能力や興味に応じて仕事を選べる自由度がある分だけ派遣に魅力があるでしょう。
福利厚生なども派遣会社から提供されるため、必ずしもIT企業に勤めなくても良いと考える傾向が生まれてきているのです。

独立して働くという方法は福利厚生はありませんが、自由度の高さでは派遣よりもさらに優れています。
働かない期間を作るのも自由なので育児が忙しくなったときには当面は働かず、また余裕ができてきたら仕事を探し始めるという選択もできるのです。
家庭の仕事の影響を受けやすい女性だからこそ、独立してさらに自由度を獲得するのにもメリットが大きいと感じる場合が多くなっています。