出会いや変化を楽しむ心が大切

職場が常に新しくなるという点を、常勤で働き続けるのをやめたSEはよく理解しておく必要があります。
独立してフリーランスをする方法や派遣で働く方法が典型的な働き方になりますが、どちらを選んでも同じ職場に何年もいられることはあまり多くありません。
短い場合には、一年間の間にも数度は違う職場に行くことになるのです。
この点を意識して、働き方として選ぶことが重要になります。

同じ人たちに囲まれて、板についてきた仕事に携わり、慣れ親しんだ職場で働きたいという人にはあまり向かないのがフリーランスや派遣という働き方です。
逆に新しい人との出会いを楽しみ、仕事が変わることに意欲を持てる人にとって適しています。
職場環境が変化してもすぐに慣れていけたり、環境が変わったことでリフレッシュできたりするような人にも優れた働き方になるでしょう。

SEにとって重要なのは、現場によって役割も大きく変わることがあるという点です。
ある現場ではSEの基本は顧客に対するヒアリングであるのに対し、別の現場ではプログラマーと並んでプログラミングを行うのが常だということもあります。
現場の全体を見渡す役割を任されることもあるため、業務そのものが大きく変化するのに対しても前向きな姿勢を持てることは重要でしょう。

このような多様な変化に対して楽しみを覚えられる人は独立してフリーランスをしたり、派遣で働いたりすることを選ぶと日々の仕事にやりがいが生まれます。