期待によってモチベーションが得られる

SEの職能として、問題解決のためにITを活用して新しいシステムを開発することが挙げられるでしょう。
これまで解決できていない問題に取り組むからこそ意味がありますが、常に創造性を求められるために苦難の道になることも珍しくありません。
SEとして働くモチベーションを維持していくためには、仕事に対してやりがいを見い出す必要があります。
期待に応えられる結果を出すことによって満足を得てモチベーションを維持するという方法は優れていますが、それを続けるためには働き方も考えることが大切です。

派遣で働く方法は任期が定められていて、数ヶ月という短期間で成果を上げることを期待されます。
モチベーションを高い状態で保ちたいSEにとって、適した働き方になるでしょう。
職場が変われば違う問題を取り上げているため、様々な問題解決に取り組めることも刺激になってやりがいを見い出しやすくなると期待できます。
独立して仕事を探しても同じように任期の間に確かな結果を出すことを求められることが多く、高いモチベーションを持って働き続けやすいでしょう。

どちらも仕事を選べるというメリットがあるため、成果を上げやすい仕事に携わることができる点に注目すると良いです。
派遣の場合には担当者に能力に合った仕事を探してもらえるため、自分にとって最適な仕事に携わり続けることが可能になります。
独立すれば、自分で仕事を探すのが基本になるので仕事の自由はより大きくなります。

しかしもちろん、どちらの働き方にもデメリットは存在しています。
特に派遣という働き方は、キャリアアップを目指す場合には最適とは言い難いでしょう。
デメリットに関してはこちらのWebサイトにも挙げられているので、よく吟味して自分に合った働き方を選択しましょう。